青汁とは

近年の健康ブームにのり、健康食品の中でも群を抜く人気アイテムとなった青汁。美容と健康を心がける人たちからその健康効果、美容効果が注目され、ますます人気の高い健康食品になっています。

では、そもそも青汁とはどのようなものを意味するのでしょうか。
青汁は一般的には緑黄色野菜をすりつぶしたもの、野菜の絞り汁を意味し、それらを総括して青汁と呼んでいます。
そして、ポイントは生であることです。野菜に含まれているビタミンやミネラルなどの栄養素は加熱調理するとその栄養素がかなり壊れてしまいます。
それに比べ、生の状態のままだと栄養素はほとんど損なわれることはありません。その特性を生かし、生の緑黄色野菜の栄養素を最大限に引き出したものが青汁なのです。特に原料となる野菜も限定されていないので、青汁の原料となるものはさまざまです。

ケールや大麦若葉などが一般的ですが、最近では明日葉、桑の葉、よもぎ、ゴーヤ、いぐさ、青じそ、緑茶などさまざまな野菜や植物が青汁の原料となっていて、種類が豊富になっています。これらすべて総括して青汁と呼びます。
青汁についての詳しい説明は、この青汁のページや、この青汁のページが分かり易いかもしれません。

青汁の特徴は、先にも触れたとおり生野菜の栄養がそのまま凝縮されているということです。この青汁を乾燥させて粉末にしたり、そのまま冷凍にしたり、フリーズドライにしたり、サプリメントのように錠剤にしたり、さまざまに形を変えて商品化されていますが、基本的には生野菜の絞り汁の栄養素を壊すことなく、そのままの状態を保ちながら保存しやすいように加工されているので、私たちは青汁を飲むだけで大変手軽に緑黄色野菜の栄養を摂取することができるのです。
また、こちらのサイトでは生理痛に効く青汁を紹介しています。女性の方は必見のサイトです。
他にも、冷え性に効果のある青汁などもあるそうです。

単に青汁と言ってもその栄養価は使う材料によって異なりますが、そのほとんどにはビタミンA、ビタミンC、βカロチン、葉緑素、カルシウム、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれており、どの青汁も大変健康効果の高いものになっています。このように豊富な栄養素が凝縮された青汁は、緑黄色野菜の栄養の宝庫なのです。