野菜不足に青汁

近年、食生活の欧米化で高脂肪、高たんぱくな食事に偏りがちになり、日本人が昔から親しんできた野菜や魚中心の食事をすることが少なくなっています。その結果、私たちは慢性的な野菜不足に陥っています。また、外食産業やファストフードの発達も野菜不足に拍車をかける要因となっています。

特に成長期の子供の野菜不足は深刻です。野菜嫌いの子供が増えており、それに加えて夜更し朝寝坊な不規則な生活をしていると、朝食抜きという子供も増えているようです。このような悪循環でますます野菜不足となり、それが続くと大人に限らず子供でも生活習慣病を発症する危険があります。

私たちは1日350g以上の野菜を摂取することが望ましいとされていますが、実際の野菜摂取量はこれに満たず、平均290g程度で約100gも不足しています。そこで、不足分を補う必要があり、野菜不足解消に大変効果的なのが青汁です。

青汁の原料となる緑黄色野菜にはビタミン、ミネラル、食物繊維などの栄養素が豊富に含まれています。青汁は加熱処理を施さずそのまま絞ったものなので、これらの豊富な栄養を損なうことなく摂取することができます。

一般的な粉末タイプだと青汁3gの中に原料(ケール、明日葉、大麦若葉など)の成分が30~50g含まれています。これらの主原料には人間にとって必要なビタミンA、B、C、E、カルシウム、ミネラル、葉酸、食物繊維などの栄養素が大変豊富にバランスよく含まれています。

例えば、大麦若葉だとカリウムはほうれん草の18倍、マグネシウムは3.2倍、ビタミンAは6.5倍、ビタミンCは3倍も含まれており、少ない量でも大変効果的に野菜の栄養を摂取することができます。

野菜の栄養素を補い、栄養バランスが整えられると体のいろいろなトラブルが解消されます。便秘、アトピー、肌荒れ、高血圧、心筋梗塞などの症状も改善されるといわれています。

このように、野菜の栄養を十分摂取することで日々の健康は維持されるので、野菜不足に陥らないためにも毎日の食生活に青汁http://table34.net/1tutu.htmlを取り入れ、習慣づけて飲むようにすることで、日々の健康を維持し、病気に負けない強い体を作ることができます。