青汁でアンチエイジング

加齢とともに気になってくる肌のしわ、たるみ、シミなどのトラブルは「エイジング」と呼ばれ、いつまでも若く美しくありたいと願う女性にとっては何よりの敵でしょう。

このようなエイジングは誰しも避けられないことで、止めることはできませんが、努力することによりできるだけ加齢のスピードを遅くし、エイジングによるトラブルを最小限に食い止めることはできます。このようにエイジングに立ち向かうことを一般的にアンチエイジングと呼びます。

エイジングによる肌トラブルは生活習慣やスキンケアを改善することで予防ができます。そこで最近注目を集めているのが青汁です。

青汁はエイジングに立ち向かうアンチエイジング効果を持つ健康食品として、美容と健康に関心の高い女性から最近注目されています。では青汁のどのような成分にアンチエイジング効果があるのでしょう。

青汁のアンチエイジング成分として考えられるのはメラトニンという成分です。

メラトニンは最近発見されたもので、睡眠時に人間の脳からも分泌されるものです。このメラトニンは最近研究がすすんでおり、いろいろな効果があることがわかってきました。

メラトニンの効果としては、活性酸素の退治、鎮静作用、免疫機能の向上、老化の抑制、血圧の上昇を抑える効果、心拍数を減少させる効果、白内障の予防、回復などが報告されています。

体内では抗酸化物質として作用し、老化を促進する活性酸素の働きを抑制する効果があるため、「若返りの成分」とされています。活性酸素は肌の老化を進行させる最大要因のひとつで、シワやたるみなどの肌トラブルをひきおこす原因となっています。その活性酸素の働きを抑えるメラトニンはアンチエイジングには欠かせない成分なのです。

青汁の代表的な原料http://www.printablegreetingcardsonline.com/genzairyo.htmlであるケールには、このメラトニンが大変多く含まれており、その量はキャベツの5倍もあるそうです。ケールの青汁1杯分だけで十分なメラトニンを摂取することができます。

また、ケールほどではありませんが大麦若葉や明日葉などにもメラトニンは含まれており、このような原料を用いて作られた青汁はメラトニンを効率良く摂取することができる健康食品と言えるでしょう。