青汁でがん予防

日本人の死因の上位にいつも入っているのが「がん」です。がん患者は世界的に増えており、2030年にはがんで死亡する人の数は1140万人にものぼると推測されています。このように恐ろしい病気ですが、研究が進むにつれてがん予防の方法なども明らかになってきました。

がんは大変恐ろしい病気ですが、日々の生活習慣を見直したり、食生活を改善したりすることで、かなりがんのリスクを減らすことができると言われています。

生活習慣を見直すということは、具体的には運動をしたり、高たんぱく、高脂肪に偏った食生活を整えたり、禁煙したりというようなことが考えられますが、これらはなかなかストレスがたまることが多く、長続きしない人も多いでしょう。そこで効果を発揮するのが青汁です。

青汁には体に良い栄養成分が豊富に含まれていますが、その中のビタミン類は体内で活性酸素の生成を抑制する働きがあります。活性酸素が抑えられると正常な細胞ががん細胞に変化するリスクが減り、がん予防につながります。

また、ビタミン類の中でもビタミンA、ビタミンC、ビタミンEは抗酸化作用があり、これらが活性酸素の働きを抑制してくれるので、がんになるリスクが低くなります。

また青汁には食物繊維も豊富に含まれています。食物繊維は便通を整え、腸内の老廃物を排出し、新陳代謝を活発にする働きがあります。こうして腸内環境が整えられることで大腸がんのリスクも減らしてくれます。青汁で体質改善ができるといわれる要因ですね。

さらに、青汁に含まれている成分の多くは、私たちの体の中のマクロファージと呼ばれる免疫細胞を活性化してくれる働きもあります。免疫力が強化されると、がんをはじめ、さまざまな病気に強い体を作ることができます。

このように、青汁にはがん予防など病気に効果的な成分http://www.rattle.jp/bse.htmlが多く含まれています。忘れてはいけない大切なことは、この栄養豊富な青汁を毎日飲み続けることで効果が得られるということです。青汁を日々の食生活に取り入れ、継続して摂取することで、がんに負けない強い体を作りましょう。