妊娠時の青汁

美容と健康のために青汁を飲む女性が増えていますが、そんな女性に特に青汁を飲むことをおすすめしたいのは妊娠中なのです。多くの栄養を必要とする妊娠期は、普段以上に栄養不足にならないように心がけなければいけない時期ですが、そのような大切な時期に青汁の豊富な栄養素は大変効果的に役立ちます。

青汁はビタミン、ミネラル、食物繊維など、日々の健康維持に欠かせない栄養素が豊富に含まれており、これは妊娠中の母体の健康を守るためだけではなく、お腹の中の胎児の健康も守ります。青汁は医薬品ではないので薬を飲むことに不安な妊娠期間中でも安心して飲むことができる健康食品です。

妊娠中の全期通して飲み続けるのが良いですが、最も飲むことをおすすめする時期は妊娠2ヶ月に入る4週目から4ヶ月に入る12週目までの期間です。いわゆる妊娠初期と呼ばれる期間で、この時期に胎児が最も活発に細胞分裂をするのです。この胎児の細胞を作るのに欠かせない成分として注目されているのが葉酸です。

妊娠初期に葉酸が欠乏すると胎児が十分に発育できなかったり、神経管閉鎖障害の発症率が高まったりします。そこで、葉酸が豊富に含まれている青汁を妊娠初期の妊婦さんにはぜひ飲んでいただきたいのです。

また、青汁には葉酸以外にも妊娠期に必要な栄養http://www.nabilonline.net/download.htmがたっぷり含まれています。青汁は妊娠中の辛いつわりやむくみを軽減する効果もあります。

また、妊娠期には特に多く摂っておきたいカルシウムやビタミンCなども青汁には豊富に含まれています。また、青汁には食物繊維も豊富なので、妊娠中になりやすい便秘も青汁が改善してくれます。

葉酸以外にもこのような豊富な栄養を一緒に摂取することができる青汁は、妊娠期の母体の健康維持と胎児の成長には大変すばらしい効果を発揮します。つわりなどでなかなか思うよう食事が摂れず、栄養不足が心配な時にも、おいしく飲める工夫をして毎日青汁を飲み続けると、妊娠期の健康維持に大変役立ちます。