赤ちゃんに青汁

栄養豊富な青汁は、育ち盛りの赤ちゃんや子どもにもぜひ飲ませたいが、小さい子に飲ませても大丈夫なのか、心配されるお母さんも多いと思います。しかし、何の心配もいりません。青汁は赤ちゃんや小さいお子様にもぜひおすすめしたい、とても安全な健康食品です。

母乳やミルクだけで成長してきた赤ちゃんには、やがて離乳食を始める時期が来ます。この時期に栄養バランスの良い食事を心がけると、赤ちゃんの成長に大変良い影響を与えます。赤ちゃんの発育が良くなり、病気に負けない強い体が育ちます。また、栄養がしっかり行き届いた赤ちゃんは機嫌もよく、夜中に起きたり夜泣きしたりすることもなくなります。

青汁を最初に赤ちゃんに与えるときは、いきなりたくさん与えるのではなく、わずかな量を舐めさせる程度にします。その時に余分な砂糖やはちみつなどの甘味は加えないようにします。

青汁そのものの味を赤ちゃんは味わい、抵抗なく飲んでくれるようになります。慣れてきたら徐々に量を増やしていけば良いでしょう。このようにして青汁を飲んで育った子どもは、しっかり栄養を摂れて健康になるだけでなく、味覚も野菜や果物に慣れているので、好んで野菜や果物を食べるようになります。

最近や野菜嫌いの子どもが増えていますが、青汁を飲んで育った子どもは野菜嫌いになることはほとんどありません。

また体の弱い子どもに青汁を飲ませると、体力の向上が見られ、病気にもめったにかからない体になります。また、青汁には成長期の子どもに必要なカルシウムも豊富に含まれているので、青汁を飲むことで子どもの骨の形成が助けられます。

しかし、離乳食も終わり、ある程度味覚が発達してきた子どもは、青汁の苦味や青臭さが苦手になる子も多いでしょう。そういう時は牛乳やヨーグルトに混ぜたり、甘味を加えたりして飲みやすくなるように工夫をします。

青汁には成長期の子どもたちに必要な栄養素がバランス良く含まれているので、ぜひ毎日摂らせてあげたい健康食品です。

このページでは、お子様でも飲みやすい美味しい青汁が紹介されています。