青汁で高血圧予防

最近は高血圧の症状に悩む人はとても増えています。高血圧とは血液が血管の中を通るとき、血管にかかる圧力が強い状態になっていることを意味します。高血圧になる原因ははっきりとはわかっていません。しかも、高血圧になっても自覚症状がほとんどありません。

そのため定期的に血圧を計っておくことが大切です。高血圧を放置すると、血管が硬くなる動脈効果になったり、後に虚血性心疾患や脳卒中などを引き起こす原因にもなったりするので危険です。

この高血圧、実は野菜不足が影響している可能性があるのです。現代の食生活は昔に比べ欧米化しており、お米よりパン、お魚よりお肉を好む人が増えています。また、外食産業やファストフードの発達により、野菜を食べる機会が減っています。

このように食生活が変化したことにより、現代の人たちは野菜の栄養が不足しがちになっています。こうしてカロリーが高い食べ物を食べる機会が増え、野菜不足の生活を送っていると、徐々に血圧が上昇して、高血圧という状態になってしまうとも言われています。そこで青汁が野菜不足解消と高血圧予防に役立ちます。

青汁には高血圧に効果があると言われているカリウム、マグネシウム、ビタミンCがたっぷり含まれています。カリウムは塩分の排出を促し、コレステロールを抑制します。マグネシウムは血管を広げ、血圧を下げる働きをします。

そしてビタミンCは体のバランスを整える働きをします。こうしたビタミン、ミネラル類に加え、食物繊維も豊富に含まれています。

食物繊維は血液中のコレステロールを下げる効果もあり、血液が健康でサラサラになります。これは高血圧の改善に大変効果的です。

必ずしいも野菜不足によって高血圧がひきおこされるとは限りませんが、実際に高血圧の治療では食事療法がすすめられることが多く、塩分を控えた食事を摂り、野菜の量を増やすように指導されることが多いです。

また年齢を重ねるに従い、血圧は上昇しやすくなります。このように高血圧になる原因は断定しにくいのですが、高血圧は万病のもとになりかねないので、できるだけ放置せず改善しておきたいです。日々の生活で青汁http://hoodscopesf.com/08yasai.htmlを飲み続けることで野菜不足を補い、健康を維持することで高血圧も改善されていくと考えられます。