青汁でアルツハイマー予防

急速に高齢化がすすむ日本で心配されるのは認知症やアルツハイマーのような病気です。アルツハイマーは、脳機能の低下によって起こる痴呆症です。

病が進行するにつれて身体全体の機能も衰え、最終的には死に至る恐ろしい病気です。アルツハイマーになる原因は現代医学でもまだ明確には解明されていません。

しかし、血中のホモシステインというアミノ酸の量が増加することで発症するということが、研究の結果判明しました。つまり、このホモシステインが増加しないように抑制することができれば、アルツハイマーの予防ができると考えられます。そのホモシステインの抑制に効果があるのは葉酸と言われています。

この葉酸は青汁に豊富に含まれているため、青汁を飲んで葉酸を摂取していれば、アルツハイマー予防に効果が期待できると考えられています。実際、日ごろから青汁を摂取している人は、青汁を摂取していない人に比べるとアルツハイマーのリスクが半分になったという研究結果も発表されています。

葉酸は水溶性ビタミンで、青汁の原料になっているケールや大麦若葉、明日葉などに豊富に含まれています。この葉酸は熱で栄養素が失われやすく、吸収もしづらい栄養素であるため、加熱調理した野菜から摂取することは難しいのです。そこで、加熱処理をせず生の野菜の栄養がそのまま詰まった青汁で摂取するのが、葉酸を最も効果的に摂取する方法なのです。

また、他にもアルツハイマーを発症させる要因として考えられるのは、高血圧や高脂血症、心疾患等が考えられますが、これらを予防するためにも青汁は大変効果的だと言われています。

高齢者の心配な病気としてアルツハイマーをあげましたが、昨今ではアルツハイマーは高齢者だけの病気ではなく、若年層にも発症する例が増えています。そこで、日頃から青汁を飲むことを習慣にし、葉酸をしっかり補給することで、アルツハイマーの発症リスクを下げることができます。
その他に、うつ病などにも効果があるhttp://www.aojirulife.net/02yasai.htmlと言われているので、青汁を続けることで、毎日生き生きします。