青汁でダイオキシン排出

環境汚染が進む現代に生きる私たちは、有害物質にさらされながら生きていると言っても過言ではありません。特にダイオキシンは近年よく耳にする有害物質のひとつです。

ダイオキシンはポリ塩化ジベンゾーパラージオキシン(PCDD)、ポリ塩化ジベンゾフラン(PCDF)の総称で、体にとって非常に強い害を及ぼす猛毒性を持つ物質です。

不燃物質を燃焼させた際に発生し、意外と身近で発生しているダイオキシン、私たちはどんなに注意を払っているつもりでも大気中から体内に取り込んだり、ダイオキシンに汚染された大地で育った作物を食べたりして、少しずつ体内に取り込んでしまっているのです。ダイオキシンは脂肪に溶けやすい性質で、体内に取り込まれると脂肪に蓄積されていきます。

発がん性のある物質で、その毒性の強さ故に「地上最強の猛毒」とまで言われるほどです。では、知らず知らずのうちに取り込んでしまった有害なダイオキシンを体外に排出するにはどうすればよいのでしょうか。

体内の脂肪に蓄積されたダイオキシンを排出するには、食物繊維と葉緑素が必要だと言われています。食物繊維を10%添加した食事を摂取すると、通常の2.8倍のダイオキシンを排出する効果がみられるという研究結果が報告されています。

食物繊維を多く含んだ食材を食べることによって、便とともにダイオキシンを排出することができるという研究結果もあります。

そこで、ダイオキシン排出効果をアップするために青汁が大変効果的な食品であると注目されはじめました。食物繊維と葉緑素を豊富に含む青汁を飲むことで、ダイオキシンの排出を助け、人体への悪影響を最小限に食い止めることが期待できます。

食物繊維や葉緑素を食べ物から毎日継続して摂取するのはなかなか難しいことですが、青汁ならば手軽に飲み続けることができます。栄養価が高く、食物繊維も葉緑素もしっかりと含まれた青汁は、ダイオキシン排出効果のみならず日々の健康維持にも大変効果的です。

1日1杯の青汁http://babyitsyouonbroadway.com/1niti.htmlを習慣づけて健康維持に役立て、それと同時にダイオキシンなどの有害物質から体を守りたいものです。