青汁の原料

ひとことで青汁と言っても、その原材料はさまざまです。どの青汁もそれぞれに栄養価が高く、健康効果も大きいものですが、使われる原材料によって含まれる栄養素も異なるので、自分の体や食生活に合った青汁を選ぶことで、より効果的に健康効果が得られます。

青汁に使われる原材料はhttp://xn--0-kb9b083j.com/1.htmlにもかいてありますが、ケールや大麦若葉、明日葉が一般的ですが、桑の葉、よもぎ、いぐさ、ゴーヤなども青汁の原料になっています。それぞれに栄養価が高く、効能もさまざまです。

ケールは多くの青汁が原材料としている、キャベツの原種と言われる野菜です。ビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれていますが普通の調理法ではあまりおいしくない野菜なので、青汁にして飲むことでその豊富な栄養を摂取することができます。ビタミンAやビタミンCを多く含んでいるので、不足しがちな栄養素を補給して体の免疫力を高めるのに有効な野菜です。

大麦若葉はその名の通り大麦の若葉です。アクがあまり強くないので他の青汁に比べると飲みやすいのが特徴です。また、ビタミンやミネラルのほか、さまざまな酵素などの栄養素をバランスよく含んでいるので、不足しがちな栄養を効率よく取り込むことができ、便秘を解消したり活性酸素を除去したりする働きをしてくれます。

明日葉は、その名前の由来にもなっていますが、今日葉を摘んでも明日にはもう芽を出すという強い生命力を持つ植物で、カロチン、ビタミンB、ナトリウム、カリウムなどが他の野菜と比べても多く含まれていて、生活習慣病に効果的な青汁です。

桑の葉は、古くから乾燥させたものが生薬として利用されているほど健康効果が高く、特に桑の葉の成分として血糖値の上昇を抑える効果に優れていると言われています。

よもぎは、血を浄化する事で知られており、薬草として昔から使用されてきました。便秘http://www.zobo.tv/change.htmlや冷え性、貧血などに効果があり、このような悩みをもつ女性に最適な青汁です。

いぐさは畳の原料というイメージで食べ物としてはあまり認知されていませんが、薬草としても様々な効果があります。特に消炎作用、抗菌作用が強いので食中毒の心配な季節などには最適な青汁です。

ゴーヤや沖縄で有名な野菜ですが、中国などでは昔から薬用として利用されています。特にビタミンCやカリウムが多く、血糖値を下げる効果も高いと言われており、糖尿病や高血圧の人に最適な青汁です。

このように、青汁の原料によって栄養価や効能に違いがあり、自分の体に合ったものを見つけて飲み続けると健康維持に役立てられるでしょう。