青汁の栄養

野菜の栄養がたっぷり含まれた青汁は、手軽に効率よく野菜の栄養を摂取できる健康食品として、多くの人に親しまれています。

青汁の栄養素は、使われている原料によっても異なるので一概には言えませんが、青汁全般的にはビタミンやミネラル類が豊富に含まれていて、現代人に不足しがちな栄養素が青汁を摂取することで補給できます。

どのような青汁でも全般的に含まれている主な栄養素はほぼ共通しています。
それぞれの主な栄養素と効能について以下に紹介してみます。

ビタミンAは肌荒れや眼精疲労の予防に効果があり、抗がん作用や老化防止作用が期待できる栄養成分です。
βカロチンは体内でビタミンAに変わります。

ビタミンCは抗酸化作用、免疫力の強化、抗がん作用などがあります。
また美肌作りやストレスの軽減などにも効果を発揮する栄養成分です。

カルシウムは骨粗しょう症の予防、血圧やコレステロールを下げる、イライラを防ぐなどの働きがある栄養成分です。

カリウムは生活習慣病の予防や利尿作用などの効果があるものです。

マグネシウムは心臓病や高血圧を防いだり、血中コレステロールを減らす働きをする栄養成分です。
不足すると骨粗しょう症を引き起こす原因になることもあるので、不足しないように気をつけたほうが良い成分です。

鉄は貧血を予防する効果があります。
貧血をおこしやすい女性や妊婦さんにも重要な成分です。
また、冷え性や抵抗力の改善にも効果があります。

食物繊維はお通じをよくしたり、コレステロールの上昇を抑制したり、腸内の善玉菌を増やす働きをします。
便秘を解消したり宿便を排出して腸内環境を整えたりすることで体全体の代謝も高まります。

葉緑素はコレステロールの値を下げ、血液をサラサラにする効果や、ガンの抑制効果、ダイオキシンなどの有害物質を排出する効果があります。

抗酸化物質は青汁の原料によってさまざまですが、どの青汁の抗酸化物質も体内の活性酸素を抑制する働きがあり、ガンをはじめさまざまな病気を予防するうえ、老化を防止する働きもあります。

このような栄養素が青汁には豊富に、しかもバランスよく含まれているため、青汁1杯飲むだけで手軽に、効率よく栄養補給することができます。

青汁は長期的に飲み続けることが大切だと言われています。

青汁を毎日飲み続けるコツがこちらにかかれています。

是非、こちらを参考にして長期的に飲み続けてください。

毎日飲めば日に日にあなたの体の内側から健康にしてくれるでしょう。