青汁とジュースの違い

野菜の栄養がぎゅっと凝縮された青汁は大変健康効果の高い飲み物ですが、野菜の栄養を摂るならば野菜ジュースでも良いのでは?と思うことはないですか。

青汁も野菜ジュースも原材料は同じ野菜なのだから、野菜ジュースでも同じように栄養を摂れるのでは?と思う人も多いかもしれません。同じ原料なのであれば、青汁も野菜ジュースとして分類することができるかもしれません。では、青汁と野菜ジュースのどこに違いがあるのでしょうか?

野菜ジュースには緑の野菜以外にもトマト、ニンジン、フルーツなどが入っていることが多く、緑野菜以外の栄養も摂取できるメリットがあるように思いますが、意外と高カロリーであることが多いです。

飲みやすくするためにフルーツなどを入れることが多く、余分な糖分まで摂取してしまうことになりかねません。

それに比べ、青汁はケール、大麦若葉などの栄養豊富な野菜の絞り汁だけなので、余分な糖分などはなく、純粋に野菜の栄養だけを摂取することができます。

また、野菜ジュースの場合はジュースに加工する時に加熱殺菌や高熱処理を施すため、その段階でビタミンなどの栄養素が壊れてしまいます。そして、野菜を絞るときに絞りかすの中に大切な食物繊維が残ってしまうので、野菜の栄養や食物繊維が十分に摂れません。

その点、青汁は野菜ジュースと違って加熱殺菌や高熱処理を施さず、食物繊維も損なわぬよう青菜の茎の部分から葉の先までムダなく利用するため、野菜本来の栄養や食物繊維がしっかりと残っているのです。

このような点を考えると、野菜ジュースを飲むよりも青汁1杯飲むほうが豊富な栄養や食物繊維をしっかり摂れることがわかると思います。

青汁はジュースに比べて飲みにくいというデメリットはありますが、栄養面では非常に優れた健康食品です。最近では飲みやすいように工夫されている青汁も多く、昔の青臭くて苦いイメージは随分と薄れてきました。それでも、味が苦手という方は、http://www.viewnet.jp/dw-takahashi/nigaaji.htmlに載っている方法を試してみてください。

野菜ジュースも良いですが、無駄なものは摂らず、野菜本来の大切な栄養素をしっかり補給したいと思うならば、はやり青汁をおすすめします。初めて青汁を購入する方はランキングを参考にしながら売れ筋を把握しておくと良いでしょう。