青汁の飲み方

野菜の栄養がたっぷり詰まった青汁は日々の生活に取り入れて健康維持に役立てたいものですが、あの独特の味が苦手でなかなか続けられないという人も多いのではないでしょうか。

青汁特有の青臭さ、苦味、えぐみのようなものは子供はもちろん、大人でも苦手だという人が多いようです。

いくら栄養豊富で健康効果が高いといっても、美味しくなければ毎日飲み続けるのは難しいものです。青汁のような健康食品は医薬品とは違うので即効性はなく、毎日継続して飲み続けることで効果が出てくるものですから、一日、二日飲むだけでは効果は得られません。

では毎日飲み続けるためにはどうしたら良いか、それは無理なく美味しく飲めるように工夫することです。最近の青汁は、昔のものに比べると随分飲みやすく加工されているものが多いですが、それでも栄養価を損ねないことを優先すると味は二の次になってしまうものなので、自分で美味しく飲める工夫をすることが毎日飲み続けるための秘訣です。

一番ポピュラーな飲み方は、やはり牛乳に溶かして飲む方法でしょう。粉末タイプの青汁が多いので、牛乳などに入れて混ぜるだけで簡単においしく飲むことができます。最近は美味しく飲めるように最初から青汁に抹茶を配合したものもありますので、それを牛乳に入れると抹茶ミルクのような味わいになり、大変飲みやすくなります。

また、はちみつを入れる飲み方もおいしく飲める方法のひとつです。普通の青汁にはちみつを入れるだけでも良いですが、牛乳と混ぜた青汁にはちみつをいれるとさらに美味しく、飲みやすくなります。甘さを加えると苦味が苦手な小さな子供でも飲めるようになり、野菜が苦手な子供の栄養を補うために適したものになります。

また、青汁にジュースを加える方法もおすすめです。オレンジ、グレープフルーツなどの柑橘系フレッシュジュースは青汁と混ぜると大変飲みやすくなります。また、にんじんジュースなども向いていますが、生で飲むとビタミンCを壊してしまうので、できれば市販のものが良いでしょう。

そして、最近とても人気のあるのが青汁スムージーです。「グリーンスムージー」という名前で最近は健康を気遣う若い女性に浸透しています。ヨーグルトやバニラアイスなどと青汁を混ぜ、ミキサーで数秒混ぜるだけで簡単においしいグリーンスムージーができます。お好みでバナナ、キウイなどのフルーツを入れてもさらにおいしく飲める上、栄養価もアップします。

このように、青汁に何かをプラスして美味しく工夫をすると、毎日飽きずに続けられるおいしい健康ドリンクになります。

当サイト以外にも、こちらのcungcapmaychu.com/解説サイトがお勧めです。