青汁で白内障予防

加齢とともにかかりやすくなる病気はいろいろありますが、その中でもよく現れる目の病気として有名なのが白内障です。

白内障は眼球のレンズである水晶体が濁ってくる病気で、老化現象として老人に多くみられる「老人性白内障」と、糖尿病によっておこる「糖尿病性白内障」があります。

その他、特殊な例としてはある種の薬を飲むことによっておきたり、点眼薬の副作用としておきたりすることもあります。

水晶体は眼球の前房と硝子体との間にある透明体で、血管はなく、特殊な代謝が行われて透明に保たれている部分です。それがなんらかの理由によって濁ってくるのですが、老人や糖尿病、または薬剤の副作用によっておきることから考えると、その代謝に異常が起こったために現れる病気だと考えられます。

つまり、代謝を正常にしたり、血液の濁りを取り除けば、白内障を予防したり改善したりすることができるといえます。

こうした代謝の正常化と血液の浄化に最適なものとして青汁があげられます。ビタミン、ミネラル、食物繊維などをはじめとして豊富な栄養素が凝縮されている青汁には新陳代謝を促進し、血液を浄化してサラサラにする効果があります。

白内障を予防したい人は、青汁を毎日飲むことでかなりの予防効果が期待できます。また、白内障になってしまった人で改善を試みる人は、青汁中心の食生活にすることで症状が軽減されます。軽い白内障ならこの食事改善だけで治ってしまうこともあると言われています。

また、白内障の予防には抗酸化作用のあるビタミンCが有効です。ルテインという成分も抗酸化作用が強く、水晶体や網膜を紫外線から守る効果があると言われています。このルテインは緑黄色野菜に多く含まれており、ほうれん草、ブロッコリー、ケールなどに多く含まれています。

本来水晶体や網膜に蓄積されるルテインが、加齢とともに蓄積量が現象し、このルテイン不足が視力低下や白内障の原因になると言われています。

そこで、ルテインを含む青汁を摂取することで白内障の予防に効果があると考えられます。健康効果の高い青汁http://www.actoguitar.com/syo.htmlには、このように白内障や視力低下を予防する効果も期待できる健康食品なのです。