効果が出る青汁の飲み方

栄養豊富で健康効果の高い青汁ですが、その飲み方に決まりはあるのでしょうか?

青汁は医薬品ではないので、1日に飲む量や飲む回数、飲む時間などに決まりはありません。1日の量を1回で飲んでも良いし、数回に分けて飲んでも構いません。しかし上限がないからといって一度に大量に飲んでもそれだけ大きい効果が得られるというものでもありません。

では、青汁の栄養価を効率よく摂取し、効果が出やすくするにはどのような飲み方をすれば良いのでしょうか?

まず、青汁の最も効果的な飲み方は、なんといっても継続することです。毎日1杯ずつでも良いので、飲み続けることで効果が得られます。医薬品と違って即効性はないですが、健康食品としての青汁は毎日摂り続けることで徐々に体内環境が整えられ、健康効果が得られると考えられています。

朝のお通じのために朝食時に一緒に1杯飲んだり、ダイエットと美肌のために夕食前に1杯のんだり、空腹時の間食の代わりに1杯飲んだり、自分でルールを決めて日々の生活に青汁を組みこみ、習慣化することが一番効果的な飲み方だといえるでしょう。

その際に、ヨーグルトに混ぜたり、牛乳に混ぜたり、また粉末タイプのものだったら食事にふりかけたり、どんな形でも構いません。とにかく続けて摂り続けることが一番効果的な方法です。

また、飲むタイミングですが、これもルールがないといってもやはり効果的な時間というものがあります。一般的に野菜やフルーツは朝食時に食べるのが良いと言われています。青汁も野菜なので朝飲むのが良いと思われます。

朝の空腹時に飲むとそれだけ成分の吸収が良くなるので、他の食品の影響を受けずに青汁の優れた成分をしっかり補給することができるからです。他の食品によって栄養素を壊されたり薄められたりする心配もありません。

ダイエットを目的として飲む場合は、ダイエット中の食べ過ぎを防ぐために食事の前に青汁を飲むことをおすすめします。食事前の空腹時にまず青汁を1杯飲むと、満腹中枢が刺激され食べ過ぎを防ぐことができます。そして血糖値の上昇もゆるやかになります。ダイエットにいい青汁レシピが、http://www.tourismtrail.com/recipe.htmlに載っているので参考にしてみてください。

便秘の改善を目的として飲む場合は、就寝前に飲むのが効果的だと言われています。青汁をホットミルクで割って抹茶ミルク感覚で飲むと牛乳と青汁の相乗効果で便秘改善効果がアップします。

このように、飲むタイミングを工夫するとさらに青汁の健康効果を効率よく得られると考えられます。しかし一番大切なことは飲み続けることです。青汁1杯を毎日の習慣にして、日々の健康維持にぜひ役立てて下さい。青汁の口コミ情報も役に立ちますよ。